機能フォームテープ5200シリーズ

機能フォームテープ 5200シリーズ

機能フォームテープ

機能フォームテープ 5200シリーズは、応力緩和性に優れたフォームと粘着剤との組み合わせで、高い衝撃吸収を可能にしたテープです。

特長

  • 高い衝撃吸収性を有し、落下による剥がれや破損を抑制します。
  • 段差追従性に優れ、高い防水、防塵性能を発揮します。
  • 耐反発性に優れ、曲面への貼り付け時も高い接着信頼性を有します。
  • 豊富な厚みラインナップにより、様々な設計、ニーズに対応可能です。

用途

フォームテープの用途は①カバーパネル、筐体の貼り合せ②TSP,LCM(OLED)貼り合せ③LCMのクッション材などです。

  1. カバーパネル、筐体の貼り合せ
  2. TSP、LCM(OLED)貼り合せ
  3. LCMのクッション材など

ラインナップ

品番 特性 厚み(μm)
100 150 200 250 300 400 600 900 1100
5200NSB 標準     5220NSB   5230NSB 5240NSB 5260NSB 5290NSB 52110NSB
5200PSB 強粘着力   5215PSB 5220PSB 5225PSB 5230PSB        
5200NAB 衝撃吸収性 5210NAB 5215NAB 5220NAB 5225NAB          
5200PCB 高衝撃吸収性   5215PCB 5220PCB 5225PCB 5230PCB        
5200PFB 超衝撃吸収性       5225PFB 5230PFB        

その他

フォームテープ 衝撃落下試験の図 ■落下の衝撃による剥がれが発生しやすいかの評価

落下の衝撃による剥がれが発生しやすいかの評価のグラフ

落下の衝撃による剥がれが発生しやすいかの評価の図

  1. テープを打ち抜き(3inch、2mm幅と1mm幅)、穴あきPC板にテープを貼る。
    テープの上にpc版を載せ、5kg、10secで圧着する。
  2. 常温で一日放置後、重りを落下させ、PC板がはがれた高さを測定。

フォームテープ粘着力試験の図 ■額縁に打ち抜き、より実用に近い形で粘着力を評価

縁に打ち抜き、より実用に近い形で粘着力を評価のグラフ

縁に打ち抜き、より実用に近い形で粘着力を評価の図

  1. 穴あきPC板に図の様に評価テープを貼る。
  2. テープの上に各被着体を載せ、5kg、10secで圧着する。
  3. 常温で1日放置後、図のようにPC板に空いた穴から荷重を掛けていく。
    被着体板から外れたときの荷重を比較する。
ご依頼・お問い合わせ
icon  メールでお問い合わせ
営業時間

9:00~17:30(土日祝日、年末年始、GW、盆休みを除く)

icon